アニメを見る

 

英語字幕(English subtitles)

 

 

語り部の少女とは?

部隊は日本のとある地方都市、岩手県遠野市です。遠野市にはなぜか物の怪や昔の話を現代に脈々と語りぐく「語り部」という人々がいました。主人公である穂乃花は語り部にあこがれている小学生5年生の女子。語り部になるために毎日厳しい訓練にあけくれる穂乃花。おばあちゃんは穂乃花語り部になってもらうべく、非常に厳しい訓練を強います。厳しい訓練中にも穂乃花は語り部として、段々と自分に自信がついてきていました。夏休み。その年は記録的な暑さを遠野市。穂乃花は、そんな妙な夏に遠野昔話祭りで子供代表を決める大会に出場することに。おばあちゃんの厳しいけいこに耐えてきた穂乃花は自信満々に大会に出場すると決心します。しかし、穂乃花は代表になることは叶いませんでした。河童になっていたという穂乃花は悔しさのあまり、その場を去ります。語り部に向いていないと穂乃花は言いますがそこに、座敷童が現れます。座敷童は「遠野の火や土の声を聞け」とアドバイスし去ります、夏が終わり、秋になりやがて、冬がおとずれます。やがて小学生代表の大会で代表に選ばれた穂乃花は、妖怪たちとの思い出を思い出します。妖怪と遠野の伝説を語り拍手喝さいを穂乃花は浴びます。

語り部の少女で語り部をする穂乃花の役を演じている声優さんは誰?

「語り部の 少女」で主人公・穂乃花の声を担当する声優さんはいったい誰なのでしょうか早速調べてみました。穂乃花を演じているのは桑島 法子(くわしま ほうこ)さんです。桑島法子さんのプロフィールは以下の通り

氏名 桑島法子
性別 女性
出身地 岩手県
血液型 A型
所属 青二プロダクション
特技・趣味 芸術鑑賞

1995年に多くの有名声優を輩出している、青二東京校を卒業したのち、96年に声優として初デビューを果たします。作品は「機動戦艦ナデシコ」のヒロインミスマルユリカでした。卒業後に注目を浴び、その後「機動戦士ガンダム SEED」の女性艦長 ナタル・バジル―ルを演じました。同作品ではお高くとまっているお嬢様である、フレイ・アルスターも演じて声優ファンからは「スゴイ!」と称賛されました。2019年現在には、ドラゴンクエストXIのセニカ役として注目を集めました。

 

遠野の語り部というもの

語り部という存在を、このアニメを見て初めて知りました。遠野に昔から伝わる話をまとめた柳田国男の「遠野物語」は以前読んだことがあり、とても面白かったのを覚えています。河童や天狗、座敷童など、日本人にとってなじみ深いものも多くまとめられており、とても興味深く読みました。その「遠野物語」で遠野という場所を知りましたが、語り部のことは知りませんでした。
語り部とは遠野に伝わる昔話を話して聞かせる人のことをいいますが、それを目指す主人公のほのかがとても一生懸命で好感の持てる子でした。同級生の友達はもちろん、座敷童や河童、天狗などのキャラクターもとてもかわいらしかったです。ほのかは最初妖怪を見ることができず、男の子にからかわれてしまいますが、ちゃんと見えるようになってよかったと思いました。背景なども田舎ののどかな雰囲気があり、お寺やほのかの家などとても懐かしい感じがしました。
ほのかが語り部として壇上で話をする際方言を使っていますが、より雰囲気が伝わってきてよかったです。方言はわからないので何を言っているのか全くわかりませんでしたが、語り部とは何なのか、どういうことをする人たちのことなのかがきちんと伝わってきました。

語り部という人たちの紹介、遠野という場所の紹介としてとてもいいアニメだと思います。語り部や遠野という土地について詳しくない、もしくはまったく知らない人が見ても面白いアニメだと思いますし、語り部を知るきっかけとしてもとてもいい作品だと思いました。アニメなので子どもにとっても見やすく、入門用としてよくできていたと思います。最後に流れる主題歌もアニメの雰囲気ととても合っていてよかったと思います。

Copyright© 「語りべ少女ほのか」の魅力を伝えたい , 2020 All Rights Reserved.